特定商取引法に基づく表示/ ご注文方法/ 支払い、配送方法  / HOME / お気に入りに追加

< 栄養ドリンク >


◆ 甘酒は、麹の働きで生成したビタミンや必須アミノ酸が ◆
豊富に含まれた栄養ビタミンドリンクです。
江戸時代には夏バテ防止の栄養ドリンク剤として
庶民に飲まれていたそうです!

造り酒屋幻の
生あまざけ
生あまざけ

■500ml 756円
造り酒屋の本格仕込み
あまざけ
甘酒

■720ml 618円
造り酒屋の本格仕込み
八穀あまざけ
八穀甘酒

■720ml 802円
桃色あまざけ
さくら小町
甘酒

■500ml 700円
国菊甘酒
且ツ崎
甘酒

■900ml 648円

甘酒は夏の季語

●俳句の季語を調べると、甘酒は今でも夏の季語となっています。 江戸時代の人々は、一番死亡率が高い夏に、甘酒を夏バテ防止の栄養ドリンク剤として 飲んでいたのです。

近所の高校野球児のお母さんが 「夏は食欲が無くて水分ばかりでしょ〜この甘酒を飲んでガンバッテるわ!」 っとおっしゃっていました。



甘酒の基礎効果

●NHK人間講座「発酵は力なり」(小泉武夫/東大農学部教授)によりますと、甘酒には ブドウ糖が20%以上含まれ、さらに人間が生きていくために不可欠なビタミン類が豊富に含まれています。

麹菌が繁殖するときに、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなど、 すべての天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させ、それが甘酒に溶出されてきます。 ですから甘酒は、まさに総合ビタミンドリンクなのです。

また甘酒は、自然食品の中では天然の必須アミノ酸を最も多く含む飲物です。米の表面はタンパク質が多く、 そこに麹菌が増殖すると、タンパク質分解酵素を出して分解し、アミノ酸に変えてしまいます。

病院でよく行われる点滴は、ブドウ糖溶液とビタミン溶液とアミノ酸溶液を体内に送り込むものですから、 これと同様の効果が得られるということです。


甘酒の健康効果

甘酒には、総コレステロール値を下げ、血圧を下げる作用や血栓を溶かす作用があり、 心筋梗塞、動脈硬化の予防に役立ちます。

また、発ガン予防の効果や、骨粗鬆症の予防、老化の予防、肝臓を守る作用など、 いろいろな健康効果があることが分かってきており、学会などでも発表され、 非常に大きな注目を浴びています。


原料 酒粕の美容効果

●「鞄mの蔵」の蔵で末永杜氏に手を見せてもらった事があります。

杜氏曰く「夏場の農繁期はゴツゴツの荒れた手ですが、酒造りが始まると、ほら、この通り!」 それは高齢のおじいさんの手ではありますが、なぜか白くてつるつるのきれいな手をしているのです。




白水酒店<シロウズサケテン>
福岡県春日市宝町4−33
TEL 092-581-0844 / FAX 092-581-0637

HOME/ お問合わせ

リンクフリーです。
掲載されている全データについて無断転載・引用はご遠慮ください。