特定商取引に関する法律に基づく表記ご注文方法支払い、配送方法  / HOME / お気に入りに追加

             

< 天 盃 >

◆◆ 天盃 ◆◆

筑前国と呼ばれていた頃の1898年に博多の焼酎屋・天盃を創業。
日本でも有数の麦の産地・筑紫平野の通称、朝倉街道から古処山脈のふもとへ向かうと、数軒の集落があり鎮守の森のような 木立の中に天盃蒸留所がひっそりとたたずんでいます。

敷地内にはお宮さんや堂祖神が祀ってあり、まるで、ここだけ200年前にタイムスリップしたような、故郷の温かさを 想い出すような、そんな風景になごみます。

筑紫平野の二条大麦と古処山脈の地下水。そして、澄んだ空気の中で本格焼酎の博多むぎ焼酎「天盃」。


天盃
●福岡県朝倉郡三輪町
●鞄V盃

博多むぎ焼酎

天盃 宝壷

天盃
■アルコール度   40
■容量      1,800ml
■価格      9,180円(税込)

宝壷への想い

本格焼酎・天盃は、永く貯蔵・熟成させることにより、さらに調和してまろやかな味となります。 愛情込めて作り上げた最高の原酒を、熟成に最も適した特別の壺にお詰めしました。 真摯な気持ちで取り組んだ天盃の自信作。それが「宝壺」です。

お子様、お孫様の誕生祝いにお贈りいただけば、成人式、卒業式、就職祝いに20年古酒で乾杯! 汲み継ぎの技を使えば、我が家だけの古酒を代々まで!


筑紫平野産二条大麦、精麦歩合60%

豊かな穀倉地帯で生産される二条大麦が、天盃の原料です。
九州の地酒である焼酎の原料が、それぞれの土地の産物とむすびつくように、天盃もまた、 福岡の風土にかなった最良の 原料を選んだのです。

このすばらしい大麦の持ち味を、焼酎の風味にいかすべく、もみがらを取った後の大麦の硬い胚芽を精白します。 原料コストを気にせず、みがいてみがいて、精麦歩合は60%。合計31もの製造工程を経て、焼酎の原料になります。


白麹、吟醸酵母にて低温仕込み

大麦を蒸し、白麹をつけた後、水や吟醸酵母を入れて5日間の一次仕込み(もと仕込み)。
そして酵母菌が育ったら蒸し麦と水をさらに加え、アルコール発酵を待つ14日間の二次仕込み。

焼酎の仕込みは子育てと一緒。

麹や酵母菌が低温発酵するのを見守り、これが蒸し麦や水とともに糖化を進め、アルコール発酵の度合い を増すまで気長につきあいます。仕込みタンクを高温にして、早期の発酵を促すこともありません。 健やかな自然の諸作用を待つのみです。


常圧再蒸留(天盃式蒸留機)

原料、仕込み、蒸留で決まる本格焼酎の品質のちがい。なかでも蒸留は、最も酒質を左右します。 天盃の歴史は、いわば蒸留機の歴史。代表取締役会長・多田雅信が生涯をかけている戦いの成果が、天盃式蒸留機です。

ほとんどの本格焼酎が蒸留1回で製品化されているのに対し、天盃は2度。 しかも気圧の低い高地のように沸点を下げて蒸留を行う減圧蒸留が多い中、天盃はあくまで常圧蒸留に こだわります。コニャックやスコッチと同様、天盃の蒸留の旅は2度くりかえされ、美酒誕生のゴールを迎えるのです。


炭素やイオン交換樹脂など薬品加工一切なし

一般の焼酎では、飲みやすくするために薬品加工を行いますが、天盃にそれはありません。 天盃の焼酎づくりにあるのは「原料」「仕込み」「蒸留」のみ。 安心してお飲みいただける健やかな自然流にあくまでもこだわります。


糖類など、完全無添加

本格焼酎への糖類の添加は法律上、2%までが許可されています。 けれども本当のうまさとは、焼酎自身の底力で醸すもの。 後になって添加された糖類の味とは、その成り立ちが違います。 香りに、舌に、のどごしに、迷うことなく訴えかける混じり気のないうまさが、天盃の味。 糖類に頼る必要などないのです。

昭和45年(1970年)4月1日以降、天盃は「加工や添加一切無用」を貫いています。

(鞄V盃資料参照)


白水酒店<シロウズサケテン>
福岡県春日市宝町4−33
TEL 092-581-0844 / FAX 092-581-0637

HOME/ お問合わせ

リンクフリーです。
掲載されている全データについて無断転載・引用はご遠慮ください。